携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 夏の小窓

c0153259_2148370.jpg

梅雨明けから猛暑へ。
暑い夏がやってきましたね。
せめて、
目に、心に、涼風が吹くように、
一杯のお茶でもお気に入りの器で頂く毎日にしたいです。
豆豆暮らし。。は、そんな何気ない日々の主婦の一コマを綴っています。

by mamemamet | 2013-07-30 16:52 | 小窓 | Trackback | Comments(24)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 夏のふるふるグレープフルーツゼリー



c0153259_16313877.jpg



グレープフルーツゼリー。
お店で買うと、何百円もして高いですよね。
3個のグレープフルーツをギュッと搾って、ジュースもプラスし
て作ります。
1/2で流し入れて、さらに1/2にカットして、頂くときは1/4に
なります。
ちょうどいい量です。


c0153259_1631273.jpg



日本各地で大気が安定せずでの災害。
心よりお見舞い申し上げます。
毎日変わらず3個のお弁当を作って、送り出して、
たまに美味しいデザートを作ったり、
作りたくないわ〜と夕飯の準備をしたりの日々ですが、
健康な心と体あってのことです。
皆さまもご自愛くださいね。
しっかりご飯を食べて下さいね。


c0153259_16311722.jpg



流し込む時に安定するように、一回り小さなお椀に入れています。
ゼリーは、かなりとろんとなるまで、ボウルの中で氷に当てながら、
冷やします。
流し込んだときの、盛り上がってふるふるした感が分かりますか!?
とろみがつくまえに流し込みますと、2層になったりしますので、
ふるふるになるまで冷やすのがポイントです。


c0153259_1631736.jpg



日頃の手抜き挽回。
お夕飯のデザートができて、今夜は点数を稼げそう。

by mamemamet | 2013-07-30 16:52 | お菓子

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 愛しい梅干し。 oishii



c0153259_22322641.jpg



遠くの空が真っ暗になりはじめて、アクセルをふかして、慌てて、
心臓もドキドキしながら、家へ急ぎます。
こんな時に事故に遭うわけにはいきません。
こんなに急いでいる理由が、梅干しちゃんだなんて。
手塩にかけて、ここまで育てた梅干しちゃん。
帰宅して、5分後には、ゴロゴロ、ピカピカの大雨でした。
夜の雨が心配なので、夕方に完成とすることにしました。
大部分は、瓶に詰めて保存。
一部は、お弁当用に蓋付きの陶器に入れました。
白梅と同じように、少しザラメもぱらぱら入れています。
時間のお味の変化も楽しみたいです。

手塩にかける。
自分でめんどうを見たり、手がけたりして丹精すること。
子ども達を育てるのも、手塩にかける。
でも、
その手のかけ方、言葉のかけ方って、子育て18年たっても難しいです。
梅干し一粒一粒に愛情を込めて、よい塩梅の梅干しに仕上がるようには、
人育ては簡単じゃないですね〜。
その前に、
梅干しさえも、まだまだよい塩梅には、修行が足りないような。
来年は、塩分量を実験してみなくっちゃ。
愛しい梅干しちゃん。

by mamemamet | 2013-07-26 22:51 | 家庭料理

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 南瓜の味醂煮とブルーベリージャム


c0153259_1105294.jpg



お弁当に詰めるのに煮崩れない、ほどよい固さのある南瓜を炊くの
を試行錯誤していました。
やっと納得できる炊きあがりになりました。
義母の炊くかぼちゃの調味料は、鰹出汁と味醂と砂糖と塩。
私のは、昆布出汁と味醂と少しの塩です。
昆布出汁も、前もって準備するのではなくて、お水と味醂と同時に
カットしたものを入れるだけ。最後にお塩でお味をしめます。
柔らかくなった昆布も一緒に頂きます。
冷たくして頂くのがとても美味しいです。
お弁当に添えても味醂の力で煮崩れていませんので、綺麗な一品。


c0153259_1103738.jpg



生ブルーベリーはやっぱり国産のものを頂きたいです。
早速、産直お取り寄せ1キロ。
500グラムをジャムに。
残りはむしゃむしゃ頂きました。
ヨーグルトとブルーベリー。
トーストにブルーベリー。
毎朝楽しんでいます。
お弁当に詰めた残りのかぼちゃは、マイ朝食でした。


c0153259_1102578.jpg


c0153259_1101659.jpg

by mamemamet | 2013-07-24 00:00 | 家庭料理

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 まずは白梅干し1キロ完成。


c0153259_9303431.jpg



猛暑の後、雨が来て、名古屋は比較的過ごしやすい暑さです。
赤紫蘇で漬けない白梅の干しも完了しました。
完熟のとても綺麗なオレンジ色でしたから、塩漬け後の色も鮮やかな
オレンジ色と、芳醇な香り。

c0153259_9302245.jpg



3日干して、ラストは夜露に当てて完成。
以前骨董屋さんでおまけに頂いた織部の水指を、梅壷にします。
まずは焼酎の霧吹きで壷内をシュッ!
白梅干しを一段並べ、霧吹きシュッ!ザラメをぱらぱら。
また梅干しを並べて、、、を繰り返します。
焼酎はカビ予防、ザラメはまろやかさとしっとり感を出す。
とのことですが、この白梅のお味はいかに?


c0153259_930661.jpg



梅干しは少し置くほうが、まろやかになるようですが、
この夏のお弁当に早速使うことに。
息子のお弁当がしばらく無いので、娘とパパのお弁当に半分こにして
添えました。
万願寺とうがらしも甘くて、よいおかずになります。
赤紫蘇梅3キロもそろそろ干さなきゃ、、
受験生のいる我が家の夏、変わらずのお弁当作り&ご飯炊きの日々です。

by mamemamet | 2013-07-22 09:47 | お弁当

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 八ヶ岳倶楽部〜諏訪湖更科蕎麦


c0153259_23401366.jpg



30年前、雑木林を開拓され素敵な場所を作られました。
俳優柳生博氏の八ヶ岳倶楽部です。
ご子息もご活躍されていますよね。
柳生氏&ご子息様にもお会いでき、気軽にお写真もご一緒して頂きました。
スペシャリテのフルーツティーは、早速真似しなくっちゃ。
7種類のフルーツをたっぷり。
2杯目、3杯目が特に美味しかったです。
午後からは、産直に立ち寄って、諏訪湖の更科さんでお蕎麦を頂いて、
名古屋に帰りました。
日頃、若いスタッフの女の子達とゆっくりお話しすることが無いのですが、
それぞれの立ち場での苦労話も聞いて、頑張ってくれている姿に、
将来の働く娘の姿が重なりました。
社会で働くって、お給料を頂くって、大変ですね。
嫌なことも、嬉しいことも、充実感もいろいろなことを体験します。
でも一番大切なのは、笑顔で働くこと。人の気持ちに寄り添うこと。
失敗には学び、素直にごめんなさい。
それは、小さい時から、子ども達にも言い聞かせてきました。
誠実に生きる。
パパを支え、自営業を支えてくれている若いスタッフ達、
心から感謝しています。

c0153259_23401290.jpg


c0153259_23395438.jpg


c0153259_23394518.jpg


c0153259_2339698.jpg


c0153259_23385696.jpg


c0153259_2339350.jpg

by mamemamet | 2013-07-17 00:06 |

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 上高地〜松本〜小淵沢〜八ヶ岳〜諏訪湖 sanpo



c0153259_15321424.jpg



社員旅行に同行しました。
我が家はスタッフの少ない自営業ですが、日頃の感謝を込めて、
上高地〜松本〜小淵沢〜八ヶ岳〜諏訪湖と楽しんで参りました。
今週は、連日のお出かけ(遊び、、汗)で、かなり疲れ気味。
リポビタン飲んでの早朝出発です。
大正池から、散策スタートです。
可愛いカモちゃんが出迎えてくれました。


c0153259_1532286.jpg


c0153259_15315794.jpg


c0153259_153143100.jpg



上高地の河童橋のトイレの美しさに感動。
観光地であり、山岳トイレで、これだけの美しさでお掃除が行き届いて
いるところは、初めてです。
チップ制!
賛成です。
美しい自然を守り、ゴミ一つ無い上高地の景観。
海外からのお客様にも、誇れます。
この素晴らしい上高地を守っていくという精神が素晴らしいです。


c0153259_1531326.jpg


c0153259_1530558.jpg


c0153259_15304528.jpg



水流のBGMに癒されます。


c0153259_1530359.jpg


c0153259_15302113.jpg



上高地バスターミナルから松本へ降りてきて、
お決まりの松本城へ。
黒壁で凜とした姿が大好きなお城です。


c0153259_153066.jpg



お宿はリゾナーレ。
スタッフ全員が、初宿泊でした。
とても喜んでくれました。
シーズン前で、平日で、観光地は空いていました。
翌日は、八ヶ岳倶楽部へ。


c0153259_15295579.jpg


c0153259_15294511.jpg


c0153259_15293447.jpg

by mamemamet | 2013-07-13 15:59 |

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 ちんぎれやさんと祇園甘泉堂さん



c0153259_10231159.jpg



祇園祭でにぎわう京都へ。
猛暑日予報の午前10時、八坂通りを歩いていました。
八坂通りに新しくオープンした裏具ハッチさんからお店巡りはスタート!
のはずが、、
痛恨のミス!開店は11時からでした。あわわ。。
庚申さんにお参りして、八坂の塔を見上げながら歩きます。
すれ違う観光客は数人ほど、独占で歩く二年坂も初めてでした。
圓徳院へ。
ここもお友達と貸し切り。
キラキラ輝く青もみじ、
水が打たれたばかりのお庭。
お部屋の奥の青毛氈から眺めるパノラマの枯山水。
ずっと眺めていたい気分でした。
圓徳院→ねねの小径→祇園花見小路→祇園nitiさんでミルク金時
八坂神社前のいず重さんでお昼→甘泉堂さん→巽橋→ちんぎれやさん
→てっさい堂→柳桜園→寺町通りから尾杉商店さんへ→
栖園さんで琥珀流しを頂く→WESTSIDE33→京都駅→555の肉まんを
買って帰路へ。
いつも伺うお店と、初めてのお店と、猛暑でもタクシーを上手に使っ
て、サクサクスタスタ巡りました。
夏の京都。
すっかり京都案内人気取りで、お友達をお連れしていますが、、
お休み情報漏れの痛恨ミス。
でもとても喜んで頂きました。
みるく金時は、忘れられないお味。
いず重さんの鯖寿司と巻きの盛り合わせは、間違いないお味。
ミントの琥珀流しは、清涼感たっぷりで。
まだまだ知らないことが多い、奥の深い京都です。

※日傘を差しての身軽な真夏の京都散策。カメラは持参せず。


c0153259_1022913.jpg



御縁起よろしおす。
五円玉を入れてくださるがま口。
頭痛薬などの携帯お薬入れにする予定です。
江戸時代長崎から入ってきた更紗も見せていただきました。
旅の途中で、地元長崎の風をくぐってきたお品に巡り会えて嬉しい!
再訪必ず!!


c0153259_1022078.jpg



一度食べてみたかった水羊羹。
ずっしり重いです。


c0153259_1021516.jpg



さらりとした水羊羹が多いのですが、
こちらのは、ずっしり小豆が濃くて、適度な弾力。
でも口に入れると、つるりと溶けます。
美味しい!!


c0153259_10213841.jpg



ラップに包んで冷凍食感でも楽しむ予定です。


c0153259_1021255.jpg

by mamemamet | 2013-07-10 10:28 | 京都

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 冷やしきつね稲庭うどん oishii


c0153259_2101781.jpg



濃いお出汁と赤ざらめでふっくら炊きあげたお揚げ。
最後に薄口醤油を控えめに入れました。
嵯峨野森嘉さんのお揚げは、京都大丸地下でまとめて購入し、
冷凍して保存しています。
森嘉さんのお揚げが大好きなんです。
名古屋は蒸し蒸しの1日でした。
稲庭うどんを冷たく頂くことにしました。


c0153259_210744.jpg



冷やしきつねうどんは、京都の岡北さんで頂いてから大ファンに。
自宅でも、美味しくふっくらお揚げが炊けたならば、
かなり京都のお味に近づけるんですよ。
あっ、
お出汁からお顔を上げているのは、古伊万里の龍。
のびのび泳いでいて、目がぎょろっと漫画みたいな絵柄で、
江戸時代の絵付け師さん、なかなか遊び心があって粋です。



c0153259_2103070.jpg



団子皿でお団子。
甘いものは、別腹別腹。
夏の食欲減退、、経験したことがない私なんです。トホホ。。

by mamemamet | 2013-07-08 21:43 | 家庭料理

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 平戸焼3人唐子


c0153259_1692435.jpg



夏は枇杷ゼリー。
かすてらは、オールシーズンの定番お土産。
長崎の父から荷物が届きました。
庭に実ったプラムもたくさん、玉葱やおじゃがなども入っていました。


c0153259_1691472.jpg



平戸焼。
豊臣秀吉が起こした朝鮮の役の際、平戸藩主である松浦氏は多くの朝鮮
の陶工を連れて帰りました。
400年前、三河内焼(平戸焼)の始まりです。
3人唐子は大衆用。
7人唐子は大名家への献上品。
オランダにも多くの平戸焼きが出て行ったそうです。
繊細な細工が得意で、絵付けの線の細さと描写の美しさ。
素晴らしい作品が作られたようです。
長崎は市内だけではなく、北は佐世保、南は島原半島と、入り江の美し
い町がたくさんあります。
今では過疎化が進む町も多いのですが、
世界に誇れる陶磁器が生まれ、西洋医術の発信地でもあった長崎。
年に1、2度くらいの帰省しかできず、遠く離れてしまいましたが、
心が呼ばれるのを感じます。
青い海、蝉時雨、お盆の爆竹音。
鮮明に蘇ります。


c0153259_169143.jpg



お皿とお茶碗5客ずつあります。
唐子の動きがのびのびしています。
表情も可愛くて和むんです。

by mamemamet | 2013-07-07 16:41 |