携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 送別ランチ


c0153259_1733019.jpg



お料理サロンでご一緒していますお友達の転勤が決まりました。
急遽、送別ランチを我が家でご一緒しました。
菜の花の昆布締めは、伊万里焼の三つ鉢の小に入れました。


c0153259_17331057.jpg



用意したのは、
竹の子のミートローフ。西京味噌を塗って焼いています。
結び昆布と大根の煮物。お味が決まらずで皆さまごめんね。
菜の花の昆布締め。
ミョウガごはん。
お友達がパンやデザートをたくさん作ってきてくださいました。
感謝感謝。

何才になっても出会いと別れがあります。
巡り会ったご縁を大切に心を寄せていれば、
離れても、
何年たっても、
再会の時は、今日と変わらずですよね。
美味しい集いをまたね。
お元気でね。

by mamemamet | 2012-03-09 19:56 | 家庭料理

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 3月の椿


c0153259_1575198.jpg



寒さが続くせいか、庭の椿はまだまだ蕾がいっぱいです。
2つの蕾が仲良く寄り添っています。


c0153259_157382.jpg



お客様の前日は、玄関周りのお花を変えます。
3週間目のスイートピーは、少しずらして、
庭の椿を追加しました。
椿は、もっとどさっと生けたい気分ですが、お正月前に剪定した
せいか、枝が少なくなってしまいました。
椿って、お顔をどちらに向けるか、難しいですね。
下からも、上からも、どの角度からも可愛いです。


c0153259_157294.jpg



3月ですのに明日は新年会&送別会を予定しています。
まだまだ新年気分でしたが、もうお別れの月なんですね。

by mamemamet | 2012-03-08 15:20 | 暮らし

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 桃の小窓

c0153259_22493514.jpg


おこしもの。
愛知県に伝わります桃の節句のお餅をご存じですか?
米粉をこねて、木彫りの型で成形して、蒸すという伝統餅です。
鶏の型の裏には、明治25年3月吉日との添え書きがあります。
100才を超えた祖母から譲りうけたもの。
この型を持参して、おこしもの作りのイベントに参加してきました。
もうすぐ桃の節句、優しい乙女の日を楽しんでくださいね。
春はそこまで。。

by mamemamet | 2012-03-08 15:18 | 小窓 | Trackback | Comments(22)

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 ちらし寿司を頂き安堵



c0153259_23505187.jpg



桃カステラ。
おこしもの。
桃の節句は、もうずいぶん前から楽しんでいました。
お雛様の当日、パパ様は飲み会で食事はいらないということで、
親子3人で静かに、盛り上がることもなく、終わりました。
ちらし寿司、、
娘&息子が、美味しい!!
と言ってくれましたから、安堵の夜です。
国産はまぐりは目が飛び出るお値段でしたから、アサリの潮汁に変更。
肉がないと満足できない息子には、もも肉をグリルで焼いて。
デザートは、真っ赤な苺あまおう。
乙女の健やかな成長を祈願する素敵な節句です。
娘のこれからも、まだまだ私のこれからも、
健康で穏やかな日々を願っています。

by mamemamet | 2012-03-04 00:01 | 家庭料理

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 おこしものを焼いて



c0153259_15192858.jpg



ひょうたんのおこしものを焼いてお三時。
砂糖醤油を絡めて焼くと香ばしいのですが、
お三時はメイプルシロップをかけて頂きました。
でもやっぱり、醤油味の方が美味しいですね。
米粉ですから、焼くとおかきの香りがします。


c0153259_15191832.jpg



弥生3月1日は、公立高校の卒業式です。
ブルーのお花を2個作って、箏曲部の3年生とのお別れ会で飾るの
だそうです。
この紙の花作りも、小さな頃からの日本の定番お花。
そ〜っと開いていき、満開になるときの満足感をひさしぶりに体験。
私も一つ作らせてもらいました。
ママの方が上手だね。
小さな事に笑みの朝でした。
18才、旅立ちの春なんですね。
我が家は2年後。


c0153259_1519745.jpg



明治25年から使われ続けたにわとりの木型。
細かく彫ってあるでしょ!!
日本人は、手仕事がいいですね〜。
大事に保管して、来年もおこしもの作りのイベントに参加します。
明治の大きな地主の家に嫁いだのに、待っていたのは厳しいお姑さん。
忍んで耐えた祖母が大事にとっておいてくれた木型。
大事にしたいと思います。

by mamemamet | 2012-03-01 15:33 | 暮らし