携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 茶器いろいろとお写真に関係なく認知症の母のこと!


c0153259_11254740.jpg


年が明けて、母の新たなホーム探しに追われていました。
正確には私が納得できずに、もう一つもう一つと見学に行くうちに
11ホームの見学をしたことになります。
11/7に奈良の老健に入所していました母を
名古屋の住宅型老人ホームに呼び寄せましたが、
びっくりするくらいのお薬を服用していた母の混乱は続き、
急遽病院へ受診し入院によって薬剤調整を試みて頂くことになりました。
薬は2種類に減り、元気な頃の目がくりっと丸くなった母が戻ってきました。
認知症のため、状態の変動はまだ見られますが、
退院が近づき、次のホームへ移ります。
いいなと思うホームは遠く、近場のホームは食事が、、
だけど完璧なところはないはずで、
認知症が進んだ母の介護をお願いするのですから
どこか目をつぶるところも必要よね、、、
そんな風に自分に言い聞かせ、
母が一番好きなこと、残っている喜びを優先したい!
そう思い決めなきゃと思っていました1/24に、
思いがけず入所したいと思っていたホームに空室が出たと、、
即決定となりました。
温かで認知症に強い、食事が美味しいホームです。

一安心でパソコンに向かっています。
そんなこんなでお写真と文は関係ありませんね。

ホームが決まったのは1/24、母の82歳の誕生日でした。
この巡り合わせが、母へのお誕生日プレゼントと思いたいです。
自分ではどうしようもなく迷っているときに偶然に導かれることが
ありますね。
他力というのですよね。

茶器はもう長く大事に使っています、
古伊万里から幕末の線描きにオランダカップ。
煎茶も珈琲も紅茶も中国茶もエスプレッソにも合います。








by mamemamet | 2017-01-28 11:45 | | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://mamemamet.exblog.jp/tb/26356743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tanat6 at 2017-01-28 15:15
素敵な骨董の器の数々ですね。
骨董は染付けに始まり染付けに終わる…と言われますが、私も古伊万里の染付けが大好きです。

お母さまのこと一安心ですね。
私も似たような経験をしました。
今はとても良い処にお願いでき安心をしておりますが、諸々思い悩むことがないでもありません。
歳を重ねると皆が通る道ですものね。
Commented by mamemamet at 2017-01-30 14:06
tanat6様

古伊万里の染めの遊び心いっぱいの楽しい図案、奥行きのあるタッチ、
現代の器にない魅力がいっぱいです。
親の介護を通し学びはつきません。
今は濃く母と向き合う日々です。
コメント頂き嬉しかったです。

<< だんご皿で、きな粉餅 15日が過ぎてやっとエンジンが... >>