携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 おせち料理いろはにほへと



c0153259_19582587.jpg



義母からおせちの準備のバトンを受けて、6年目のお正月がすぐそこです。
義母のスタイルと、京都でお稽古した割烹の味と、私の母のスタイルと、
ぜんぶ良いとこ取りをして、また暮れには心を込めて準備する恒例です。
わたしのお料理教室は、5年目となりました。
11月からは、
おせち料理のいろはにほへと!
と題しまして、3回にわけてキッチンを開いています。
同じ物を毎年作るのですが、毎年お味の確認をし直しています。
真昆布を使いじっくりゆっくり甘い出汁を引き、鰹節と合わせます。
とても単純なのですが、今年が一番良い出汁が引けているような気がします。
心の持ちようもお料理に現れます。
暮らしはたいへん気忙しくしているのですが、
深呼吸をして、良いお出汁が引けますように!
とおまじないしています。


c0153259_1958063.jpg



おせち料理のいろは!は、最初の一歩!
次は、
おせち料理のにほへ!が始まります。
大好きな鴨ロース煮を沸騰させず、ゆっくり火を入れます。
頑張ります!!

by mamemamet | 2016-12-01 20:10 | 豆豆オープンキッチン | Comments(2)

Commented by kei-kana38 at 2016-12-02 22:18
お久しぶりです。
いいとこ取りのお節の美味しそうなこと。
盛り付けも美しいですね。
料理は心の状態が出てしまうものだと、私も思います。
これからの季節、気忙しいですが、心を穏やかにキッチンに立ちたいですね。
Commented by mamemamet at 2016-12-05 00:28
kanaさん
いつも声をかけて頂き嬉しいです。
ブログでも一度母のことも記したいなと思っているのですが、
名古屋に私の母を呼び寄せ、11月は忙しく嵐のような月でした。
お料理教室の日程はみなさんとの約束でしたから、
頑張って準備を致しました。サロンは心の余裕無しでは、開催
するのは失礼かと思いましたが、
なんとか今年もおせち料理の教室までたどり着きました。
料理は、心が現れますよね。
たいへんな時も、家族には温かいご飯を炊いてあげたいと思っています。
kanaさんも年末に向けご自愛くださいね。

<< 瑠璃光院3時間待ちの入場制限 9月のキッチン >>