携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 清明の小窓

c0153259_051115.jpg

清明。
春の柔らかでいきいきとした様子の頃です。
それぞれの始まりの季節。
私も体調を整え、心機一転、暮らしてゆきたいです。
皆さまは、どんな春をお迎えでしょうか。

by mamemamet | 2014-04-17 12:58 | 小窓 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://mamemamet.exblog.jp/tb/21942605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marucox0326 at 2014-04-04 15:07
お帰りなさい。
そしてお疲れさまでした。
お嬢様の身の回りのこと
さぞや丁寧に整えて差し上げたんでしょうね。
でも京都の春も満喫された由。
ご自宅に戻られて、いつも通りの日々・・・・。
ゆっくりと日常のリズムに体と心を戻してくださいね。

「李青」さん、最初に住んだ次男の下宿から
近かったんですけど行かずじまいでした。

これからは京都がより一層
身近になられるのではないかと思います。

そんな記事も楽しみにしていますョ^^

Commented by kumaroba at 2014-04-04 19:33
京都、昨日はイイ天気で満開でしたね~。
今日の雨風でだいぶちらされちゃったけど。
おまけに明日からまたスンゴク寒くなるらしいし(涙)
お引っ越しもひと段落。
これからはゆっくりと京都で遊べますね!
是非一度、豆様にお会いしたいものです!
Commented by kei-kana38 at 2014-04-04 22:51
お嬢様に会いに京都。
いいなー。羨ましいです。
うちの娘も将来、京都の大学へ行ってくれないかしらー、なんて思いました。
お嬢様さまの手紙、話を聞くだけで涙がでちゃいそうです。
楽しい学生を送って欲しいですね。
Commented by T at 2014-04-05 10:36 x
晴れやかな春を迎えられ、本当におめでとうございます!
お嬢さんの旅立ち、清々しい思いで読ませて頂きました。私まで心が弾むようです。
大変だったこの一年を、きっと絶妙の距離感で支え、親子の絆がまた深まったことと思います。
我が家は中学受験にむけての一年を過ごすことになりました。
豆豆さんの心の持ち様を見習って私も乗りきらなくては!と励みにさせてもらってます!気張りすぎず、柔らかに支えられたらなぁ、と思いつつ…現実はなかなか(^^;

京都がますます思い出の地になりますね!
新生活、楽しんでください!
Commented by mamemamet at 2014-04-09 01:14
marucoxさんへ

気忙しかった日々も、春が満開と共に落ち着いてきました。
思い返せば、受験生を見守る時も、送り出す準備をした時間も、
懐かしい良い想い出になるのでしょうね。
今は寂しさよりも、安堵の気持ちでいっぱいですが、、
母親は、次から次に心配しながら、生涯過ごすのかもと、お友達と
話したところです。
marucoxさんの記事もゆっくりコメントせずで、ご無礼しています。
京都は、母も想い出の場所として、大事にしたいですね。^^
Commented by mamemamet at 2014-04-09 01:16
ろばみちゃんへ

お返事遅くなりました。
京都には桜の名所がたくさんありますが、、
4月2日に見た賀茂川沿いの桜は、優しくて、心癒されました。
想い出に残る2014年の京都の春でした。
いつか、、
お会いしたいですね。^^
Commented by mamemamet at 2014-04-09 01:19
kei-kanaさんへ

あのお手紙で涙しましたが、、
京都では、いつもの軽い喧嘩はしていましたよ。^^;;
親子で感情のぶつけ合いもありますが、
心根には、感謝と愛があるんですよね。
恥ずかしい年頃ですのに、言葉に残してくれた娘に、
感謝しています。
Commented by mamemamet at 2014-04-09 01:25
Tさんへ

ご無沙汰しておりました。
いつも温かなコメント、本当にありがとうございます。
お引っ越しされましたが、Mさんの美人のお顔は忘れていませんし、
またお喋りしたいな〜と、またいつか再会したいな〜と、
思っています。
お嬢ちゃま、受験されるのですね。
大変ですが、流れに身を任せて、毎日の課題を大事に、
積み重ねていくしかないのでしょうね。
我が家は、中学受験を経験していませんが、、
ご無理せず、しかし、どこか決意を持って頑張ってくださいね。
振り返れば、、受験もあっという間に過ぎていきました。
佳い春をお過ごしくださいね。
Commented by kumaroba at 2014-04-17 15:21
見てますがな、銀二貫。
ええ話ですなあ。
やっぱNHKさん、時代劇はええわあ。
ちなみにBS時代劇の神谷玄二郎捕物帖もなかなかおもしろおまっせ。
と、エセ商人言葉で失礼します(笑)
銀二貫、厳しい中にも懐深く人情の厚い大人がいっぱい
いたんやなあと。
最近ではなかなかお目にかからない人たちがまぶしく
見えます。
Commented by 夢香里 at 2014-04-18 08:38 x
おはようございます^ ^

私も昨日は銀ニ貫のことを書きました、笑。
一話から惹きつけられる内容でしたね。
わたしは高田郁さんの作品とは知らずにたまたま観て、原作者をみて納得しました。

桜の写真、とても綺麗ですね。
Commented by mamemamet at 2014-04-20 23:33
ろばみちゃんへ

こんばんは^^
高田さんワールドの時代劇大好きです。
苦難も多くある時代ですが、登場人物が温かなんですよね。
番頭はんも、いい味がありますよね。
貧乏神を追い出す必死の形相、氏神様への熱い信仰心。
のれんを守るひたむきな思い。
一生懸命に生きる!
って、素晴らしいですね。
松吉は、俳優さんがぴったりですよね〜。^^
Commented by mamemamet at 2014-04-20 23:36
夢香里さんへ

おお〜〜、以心伝心でしたね。
夢香里さんも見て下さらないかな〜〜と、思っていました。
私は、原作を知っていますから、、
実は、安心して見ているんですよ。
最後の結が、好きなんです。
本では、号泣してしまいました。

<< 東山散歩 木曜時代劇・銀二貫、よい話です。 >>