携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 煮紅玉 oishii


c0153259_1355039.jpg



紅玉ジャムともコンフィチュールとも違います我が家の煮紅玉。
甘さが抑えられていますから、長期保存用ではなく。
作りたてを家族4人で毎朝ヨーグルトにたっぷりかけます。
一瓶を3日で食べ終わります。
先日6個の紅玉で2瓶できました。
紅玉の皮をくるくる長〜〜〜く剥きます。
4等分してスライスします。
スライスした林檎とくるくるの皮(紅みの強い色の部分)を1個分
一緒に炊きます。
グラニュー糖は、小ぶりの紅玉1個に対して大さじ1ほどふりかけ、
(日持ちさせたい方はシュガーは増やしてください。)
レモン1個分を搾り入れ、蓋をして中火でクツクツ。
水分がしっかり出て来ましたら、蓋を開けて水分は飛ばします。
しかし水分は適度に残し、飛ばし過ぎないように。
熱いうちに瓶に詰めます。
この時、色が抜け始めた紅い皮も瓶に入れます。
温度が下がりながら、紅い皮の近くのお林檎は息を飲む美しい紅
に染まります。
瓶が冷めたら冷蔵庫へ。
一晩寝るだけで、翌朝は美味しい煮紅玉ヨーグルトが頂けます。


c0153259_13545191.jpg



この微妙な色のグラデーションを作るのが好きなんです。

by mamemamet | 2013-11-22 13:54 | 家庭料理

<< minä perhonenと安... 冬のお弁当添え野菜は、、 >>