携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 愛しい梅干し。 oishii



c0153259_22322641.jpg



遠くの空が真っ暗になりはじめて、アクセルをふかして、慌てて、
心臓もドキドキしながら、家へ急ぎます。
こんな時に事故に遭うわけにはいきません。
こんなに急いでいる理由が、梅干しちゃんだなんて。
手塩にかけて、ここまで育てた梅干しちゃん。
帰宅して、5分後には、ゴロゴロ、ピカピカの大雨でした。
夜の雨が心配なので、夕方に完成とすることにしました。
大部分は、瓶に詰めて保存。
一部は、お弁当用に蓋付きの陶器に入れました。
白梅と同じように、少しザラメもぱらぱら入れています。
時間のお味の変化も楽しみたいです。

手塩にかける。
自分でめんどうを見たり、手がけたりして丹精すること。
子ども達を育てるのも、手塩にかける。
でも、
その手のかけ方、言葉のかけ方って、子育て18年たっても難しいです。
梅干し一粒一粒に愛情を込めて、よい塩梅の梅干しに仕上がるようには、
人育ては簡単じゃないですね〜。
その前に、
梅干しさえも、まだまだよい塩梅には、修行が足りないような。
来年は、塩分量を実験してみなくっちゃ。
愛しい梅干しちゃん。

by mamemamet | 2013-07-26 22:51 | 家庭料理

<< 夏のふるふるグレープフルーツゼリー 南瓜の味醂煮とブルーベリージャム >>