携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 水無月の小窓

c0153259_22151673.jpg


残月。
みをつくし料理帖の第8巻が書店に並びました。
悲しみの雨は上がり、希望の光が降り注ぐ。
一年間待っていましたお澪ちゃん。
みをつくしのお澪ちゃんは、さらにお料理を精進していました。
6月は水無月と書いて、水の月と言います。
遠い昔、たくさんの子ども達がこの水の時期の流行病で亡くなりました。
体調を崩しやすい季節ですが、食い力で乗り切りましょうね。

by mamemamet | 2013-06-29 11:35 | 小窓 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://mamemamet.exblog.jp/tb/20376681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marucox0326 at 2013-06-18 23:43
まあ美味しそうにできましたね、梅ジャム!このビタミンカラーが暑さも吹き飛ばしてくれそうです。
「みをつくし料理帖」ドラマ化されていたのを見逃しました。シリーズ化されると刊行が待ち遠しいですよね。
私、江戸時代物なら、諸田玲子さんが好きです(^-^)
Commented by mamemamet at 2013-06-19 22:04
marucoxさんへ

私の一番大好きな梅ジャムです。
梅仕事をするようになってから、インフルエンザ、風邪に強くなりました。
みをつくしは、
熱いファンが多いのですよ〜。
ドラマ化は薄っぺらくて、ファンには大ブーイングでした。
語りきれない心の深いところの描写。
旬の料理は粋で人情溢れていて。
何よりお澪ちゃんのひたむきさと心温かな登場人物。
大好きなシリーズなんです。

諸田玲子さんですね。
今度本屋さんで見てみますね。^^
Commented by 夢香里 at 2013-06-22 22:00 x
こんばんは^^

みをつくしの新刊出たのですね~
早速買いに走らなくちゃ・笑。

盆栽は以前埼玉にいた頃、盆栽町という街の近くに住んでいたので少し馴染みがあります。
日本ならではの世界観ですよね。

↓のコペンハーゲンのお皿、大好きな色合わせです。
和の要素もありますね。
沖縄のやむちんにも似た感じ???
どんなお料理を盛られるのか興味津々です。
Commented by mamemamet at 2013-06-25 16:02
夢香里 さんへ

こんちには^^
みをつくし!!
ゲットされましたか?
前半は、又さんのレクイエム。後半は、お澪ちゃんいよいよ、、
地固めができつつあるなと、、感じています。
秋麗の客も、伏線なんだろうなと感じました。

盆栽町!
始めて聞きました。
盆栽のイメージは、松の固いイメージだったんですが、
苔玉や小さな山野草は、モダンリビングにも似合いますよね。

さすがのロイヤルコペンのハンドペイントです。
深いブルーにゴールドは、バルト海の北欧カラー。
洗練されていますよね。
何を盛るか??考えず買いました。しばらく眺めています。。^^
Commented by kodemari_e at 2013-06-26 16:10
こんにちは♪ 
ここの所梅雨らしいお天気で しかも 今日は朝から結構な
雨降りで 雨音がうるさくって寝不足です。
1970年代なんて ついこの前なのに(笑)ロイヤルコペンハーゲン
こんなのがあったなんて 私も最近知りました。
芸術的ですね。それをお持ちの豆豆さんも なかなか通でいらっしゃいますね。
(私 フローラダニカの 小さいお皿でいいから いつか欲しいなぁって 笑)

パパ様のお弁当に登場する 青々とした紫蘇の葉、きっと以前にも
登場した(おそうめんの時だったかしら )お庭の紫蘇ですね。
見習って 最近 私もお弁当のしきりに使ったりしています。
意外と色も変わらなくって 良さそうですね。
‘フミさん‘のお弁当だったかしら?パパ様の職場のお弁当 無くなって
残念でしたけれど 豆豆さんの手作りも負けないくらい素敵です!
特にきれいな色合いが 食欲をそそりますね!
Commented by mamemamet at 2013-06-26 22:15
小手毬さんへ

こんばんは^^
さっすが!!小手毬さん、我が家のお弁当事情をよく把握してくださって
いますね。
本当にふみさんのお弁当は最高でした。
お漬け物、煮豆、佃煮、デザート、、、惣菜以外の小さな一品も全部が手作りでした。

パパのお弁当も、愛情をもっと込めれば良いのでしょうが、
詰めても,詰めても、肉が必要な息子のお弁当があるおかげで、
パパの分が少なくなってしまったり、、ちょっと我慢してもらってるかもです。
青紫蘇を敷くのは、なかなかおかずにも合いますよね。
唐揚げを巻いて食べたりも美味しいです。
小手毬さんに褒めて頂いたので、また気持ち新たに頑張りますね。^^
Commented by marucox0326 at 2013-06-29 07:48
mamemameさん、こんにちわ。
私も息子二人に早弁用と計4つ
作っていたころがあったんですねぇこれが。
今ではすっかり早起きしなくなりましたが(^-^;
この時期は食中毒に気を使いながらの
愛情こもったお弁当ですね。

mamemameさんも不安定な気候が続く
この時期、ご自愛下さいね。

Commented by mamemamet at 2013-07-01 23:16
marucoxさんへ

こんばんは^^
お返事遅くなりました。
過ぎてしまえば、、懐かしいな〜〜と、感じることがあるのでしょうか。
今は、毎日3個詰めるのに追われています。
母業をしていますと、子どものことでも一喜一憂の日々です。
大きくなっても、心配はつきないのでしょうね。
Commented by YAsapi at 2013-07-04 22:15
ちょっぴりご無沙汰いたしております。
京都、いつからでしょうか? わたくしは仕事で明日からです。
って、仕事ですから明日だけ。
同じ本、買ってます(笑)。
Commented by mamemamet at 2013-07-05 08:15
YAsapiさんへ
おはようございます。
こちらこそ読み逃げばかりで、、
ご無沙汰しておりました。
京都一日だけなんですね。
蒸し蒸しの日になりましたが、楽しんでくださいませ~。
私は来週の平日に4人で行きます。
案内人は私です。(^O^)
婦人画報のトラベルサイズ、気に入りました。
Commented by hisae-18 at 2013-07-06 13:22
私も梅仕事終わりましたよ~~。

後は、梅雨明けを待つのみ!!笑
いい塩梅の梅干ちゃんが出来そうです。

夏の京都・・・先日も娘の所へ行ってきました。
来月はお墓参り。
豆豆さんもご存じの詩仙堂のすぐ北なんです。
丁稚羊羹も、かかせませんね。

お互いに体を労りつつ、夏を乗り切りましょう~~。
Commented at 2013-07-06 16:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marucox0326 at 2013-07-08 13:36
お暑うございます~^^

さわやかな枇杷ゼリー、涼を感じます。。
お父様の心づくし、嬉しいお届物ですよね。

私も実家と遠く離れておりましたので
宝箱を開けるような気持ちで、
実家からの荷物を開けたものです。

今では認知症が徐々に進行した母のもとに
私が頻繁に訪ねるようになりました。

三人唐子は大衆用・・・・・唐子の表情が親しみやすくて
可愛らしいです。でも縁取りの絵付けは繊細な
レース編みの様で美しい。

坂道と異国情緒豊かな美しい街。
蝶々夫人やシーボルトの娘おイネなど、
悲哀に満ちた女性の人生の舞台でもある長崎。

又いつか訪れてみたい場所の一つです。
Commented by mamemamet at 2013-07-08 20:43
hisaeさんへ

こんばんは^^
7月に入って、急に蒸し暑くなりましたね。
hisaeさんも、お嬢様に会いにいかれていたんですね。
お墓参りも、詩仙堂の北とは、良い場所ですね。
義お父様も喜ばれますね。
この夏の梅干しは、赤紫蘇梅と、白梅の2種類を干すつもりです。
出来上がりが楽しみです。^^
Commented by mamemamet at 2013-07-08 20:44
2013-07-06 16:36鍵コメさまへ

こんばんは^^
急に蒸し暑くなりましたね。
京都は、今週なんですよ。
またご報告いたしますね〜〜〜。
いつか、ご一緒しましょうね〜〜。
Commented by mamemamet at 2013-07-08 20:52
marucoxさんへ

こんばんは^^
ついに蒸し蒸し暑い夏がやってきましたね。
長崎の父は、80才を超えました。
母は、やはり認知気味で、お薬を内服しています。
私から荷物を送ったり、送られてきたり、、
そんなことくらいしかできません。
marucoxさんのお母様も、少しづつ、進行されているんですね。
どうぞ、お大事になさってくださいね。

唐子のお皿。
縁の模様に目をやられるとは、さすがです。
仏教の装身具を描いている模様です。
古伊万里でも見られるこの模様は、なかなかの良いお品なんですよ。
のびのびした線と、表情が可愛くて、絵付けの技量の高さやセンスの良さ
を感じます。
朝鮮の陶工さんも、日本に来てご苦労されながらも技術を伝え、
素晴らしい功績だと思います。
Commented by marucox0326 at 2013-07-09 17:04
こんにちわ。

京都は何度も訪れていますが、
岡北さん、前を通り過ぎてばかりです^^
京都のおうどんってそんなにこしがないので
あまり食したことがないかも・・・。

でも豆豆家のは凄く美味しそう。
器も丼と言うより、深鉢といった感じなのでしょうか?
龍の絵柄も珍しい。

今頃暑い中、雅な散策中かしら?

Commented by mamemamet at 2013-07-13 15:15
marucoxさんへ

こんにちは^^
連日予定続きで、お返事が遅くなりました。
京都のおうどんは、そうですね。こしが欠けるかもしれませんが、
冷やし甘きつねおうどんや、冷やしカレーうどんなど、、各店で涼しい
夏の京のおうどんが頂けます。
冬は、お出汁の香りがとても良くて、餡と生姜で身体がポカポカ温まります。
marucoxさんも、夏、冬とぜひ立ち寄ってみてくださいね。

京都は、カメラ無しで、日傘をさして歩きました。

龍のは、鉢ですね。
昔は、何を食べられていたのかな??興味が湧きます。

<< 夏のコースター 花ふきんと梅干し仕込み >>