携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 少し慣れてきた3個のお弁当作りと昨晩のプロフェッショナル

c0153259_12423135.jpg



3個同時に詰めるといいのですが、、、
朝が早い息子のお弁当を一番に詰めて送り出し、娘、パパと順に詰めて
いっています。
息子にコロッケをたくさん詰めたら、最後のパパの分が少なくなって、
急遽、あさつきをいっぱい入れた卵焼きを焼きました。
お茄子の浅漬けも添えました。
パパ様は、8時半に出勤なので、時間に余裕があります。
そんなこんなで、
我が家の3個のお弁当は、微妙に中身が違っています。
蒸し暑くなってきましたので、保冷にも気を使いますね。

昨晩のプロフェッショナル。
大阪の料理人さんが主役でしたね。
福知山の脱線事故で奥様を亡くされ、男手1つで息子さんを育てられました。
でもそこには、縁で繋がる温かな物語がありました。
坊ちゃんの同級生のお母様3人が、卒業まで交代で息子君のお弁当作りを
されたそうです。
我が子、大黒柱のパパのお弁当でさえ、ぶーぶーいう私って!?
と猛反省です。
事故で亡くなられたママは、
大事な可愛い坊ちゃんに毎日お弁当を作ってあげたかったでしょうね。
思春期のやっかいな時期も、成長を見守りたかったでしょうね。
そして、素晴らしいのが、
番組でも出演されていた3人のキュートなお母様方。
私と同年代くらいのお母様方、可愛い、魅力的なママ達でした。
一度も辞めたい(+1個のお弁当作りを)とは、思わなかった!
繋がりを作ってくれてありがとう!
そんな言葉を言われていました。
縁を大事にする。
私も同感です。
一期一会の出会いを大切に、オープンキッチンで来て下さるお客様
1人1人のお名前を何度も復唱して、覚えるようにしています。
一度お会いすると、またお会いしたくなる。
縁の繋がり、巡り会いを重ね、
人生は深くなっていくのですね。
心温まるお話でした。

by mamemamet | 2013-06-11 13:14 | お弁当

<< TORAYA TOKYO羊羹 初夏のオープンキッチンが終了し... >>