携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 貴婦人のキッス BACI DI DAMA~バーチ・ディ・ダーマ~


c0153259_15351853.jpg



家族バレンタインチョコは、貴婦人のキッス!
イタリアンのコース料理で、最後の珈琲に小菓子として、
貴婦人のキッスが添えられることが多くあります。
私の作り方はとても簡単です。

強力粉25g
薄力粉25g
アーモンドプードル50g
発酵バター50g(冷たいものをサイコロ状にカット)
粉糖35g
板チョコ1枚

私はいつもこの2倍の分量で作ります。
全部をボウルに入れて、スケッパーで刻むようにバターと粉類を合わせて
いきます。バターが細かくなったら、手のひらでバターを粉にすり込むよ
うにしながら、耳たぶくらいの柔らかさに全体をまとめます。
計りの上にラップを敷いて、6gずつ測っていきます。
6.12.18.24.....とどんどん置いて測ります。
優しく丸めます。
温めたオーブン中段で160度で20分焼きます。
あら熱がとれたら、湯煎で溶かしたチョコをサンドします。

今晩のドルチェにも間に合いますよ。
簡単でとっても可愛い小菓子です。
旦那様にいかがでしょうか!!


c0153259_1535615.jpg



カップに添えますと、やんわりチョコが溶けますが、、、
それも美味しいです。

娘の友チョコは、夜中にラッピングして、今年のお写真の画像は
ありませんが、覚え書きとして記しておきますね。
箏曲部の仲間(24人)には、タッパーに入れたチョコクッキー50枚。
(みんなで、友チョコバイキングで食べ合うのだとか。)
チョコクッキーとトリュフのセット16人分。
ガトーショコラ6人分。
3種類を、2日間に分けて作っていました。
いつも思うのですが、娘の友チョコ作りはラッピング代の方が高い
かも。
毎年、作業のように作っている友チョコ作り。
大学まで、一緒に作れるのは2年ほど。
もう手伝わない!!といいながら、、、
いつも最後は手を出している、楽しんでいる私です。
甘い一日、たくさんの幸せがありますように。

by mamemamet | 2012-02-14 16:09 | お菓子

<< 菜の花の昆布締め 椿餅と草萌 >>