携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 煮込まないラタトゥイユ

c0153259_16144770.jpg



ラタトゥイユは、フランスのママの味。
フランス語のTouiller(かき混ぜる)で、
初めのRata-は軍隊言葉で「ごった煮」の意味だそうです。
私は、その時の気分、冷蔵庫在庫お野菜などなど・・毎回
作り方やお味が違います。
火の入れ方も、目を離して煮込み過ぎたらお豆を加えたり、
形が煮くずれないうちに火を止め、余熱で仕上げたり・・
一昨日作りましたラタトゥイユは、形を残した余熱仕上げです。
先日、ギャラリー季器さんの土日カフェで、オーナー手作りの
美味しいラタトゥイユを頂きました。季器さんも綺麗なお野菜
の形が残っていて、とっても美味しかったです。


c0153259_16194211.jpg



大きめに切った夏野菜&ニンニクを、オリーブオイルたっぷりで
炒めて、白ワインを入れます。トマトは生のもを3個は使います。
そして蓋をして蒸し煮にします。
お野菜が崩れないほどで火を消し、余熱で火を入れます。
お塩は薄味で。
余熱がとれたら冷蔵庫へ。


c0153259_1614577.jpg



頂くときにブラックペッパーとバルサミコ酢をかけます。
冷たくて〜美味しいのですよ〜。
朝ご飯に、オムレツ、目玉焼き、ソーセージなどを添えますと、
豪勢な朝食です。。

by mamemamet | 2011-07-20 16:42 | 家庭料理

<< 夏の小窓 夏の駒ヶ岳 >>