携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 みをつくし料理帳。


c0153259_9261144.jpg









昨日読み終えた2冊です。
八朔の雪と花散らしの雨。
江戸時代、幼くして水害で両親を亡くした澪が、料理人
として精進していく姿と江戸時代の人情と友情と思慕と・・
昨年売れた文庫本のようですね。
季節の料理とお料理にまつわる言葉や色や香り・・・
引きこまれます。
お薦めです。
 

c0153259_926224.jpg



さて、
朝ご飯です。
この冬は、名古屋はいつもより寒くて、パンもご飯の時も、
お味噌汁を頂いています。。
子ども達も、この一杯が温まるようです。
具も日々違いますが、できるだけ具沢山にしています。
我が家は、甘めの長崎の麦味噌と信州味噌を4:1くらいで
混ぜたり、赤だしでしたり、本当に色々です。
最近は、味噌こしなども使わず、麦やこうじの粒も全部一緒
に頂きます。


c0153259_9263126.jpg



一汁一菜。
納豆とほうれん草の和え物は、よく冬場の朝に頂きます。
納豆とほうれん草、合うのですよ!!
こんなシンプルなお料理が好きです。
↑の本にも、澪が一汁一菜と季節の炊き込みご飯を作る
メニューがたくさん出てきます。
この桃の季節は、
味噌田楽、紅白なます、蛤のお汁。
美味しそう!!
木の芽を摘むときは、お喋りせず静かに摘むのよ。
そうしないと木の芽の香りが立たないの。。
お母さんにおしえてもらったおまじない。。
と、澪が言います。

あ〜木の芽をパチンと叩いて、香りをクンクンしたくなります。
食いしんぼにはたまらない本です。
そして、少し切ない本です。

by mamemamet | 2010-02-22 09:49 | 家庭料理

<< 亀飾り エゾアムプリン* >>